Ooho: 食用の水筒

Mou Mishra 2014/03/30の01:46:00

プラスチック水筒はそれらの非生物分解性の特性により、配置するのに頑丈である‥‥そしてそこにそばに‥‥環境汚染の大きな源である。この問題の解決策用のパスを案内するために、岩研究所のスキップからのデザイナー: ロドリーゴ・ガルシア・ゴンサレス、ピエールPasalierおよびGuilaume Couche、水を格納するために使用することができた食用の一滴を開発した。


褐藻と塩化カルシウムから構成されて、「Ooho」という一滴にはダブルのゼラチン状の薄膜がある。デザイナーは、Oohoが1つの一滴当たりコストがかかるわずか2セントしか作らないと安く永続性で、衛生で、生物分解性である、と言う。それを作ることは簡単である。また、それは、ホームの便宜でさえ作ることができる。水はより大きな薄膜を作成することができるようにパッケージにする間に冷凍にしておかれる。 Oohoはレクサス設計賞2014で与えられた。


Oohoのただ一つの欠点は一つがそれからの水を飲むことができた方法である、全く巻き込むことができたものは、裂かれるためにそれを要求する。 Oohoは、主催者が廃棄物のロードで一般にタックルするライヴ・イベントで非常に有用になりえる。 WikiPearlという食用の弁当箱は、ヨーグルト、アイスクリームなどを売るために使用されている市場において既に利用可能である。我々は、すぐに市場で食用の水一滴(Ooho)をまた見ることを望むことができる。

the story unfolds,page by page 2014/04/04の09:05:53

これを試みる-http://ibnlive.in.com/news/bangalore-activist-on-the-road-to-plastic-success-story/46501-3.html

Mou Mishra 2014/04/04の17:06:24

リンクをありがとう 🙂

the story unfolds,page by page 2014/04/05の22:22:21

Pleasure…doは、今度、プラスチック上のsomethigを書く時に、ある意識を広げるのに上のリンクの中で情報を使用します。 🙂

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中